投稿日:

敷戸駅の歯医者

友達の家に遊びにいくときに自転車でいこうと思った。
この間、やっと念願の自転車を買ったのだ。
値段は少し高めだったのだが、ずっと欲しかったので、頑張ってお金を貯めた。
自転車がきてからは、できるだけ自転車で移動をしていた。
友達の家にいくときに、自転車でいっていると、曲がり角から急に人がでてきて、転倒した。
顔から転倒したため、気がつくと、歯が欠けているのがわかった。
友達に連絡すると、迎えにきてくれて、口をぶつけただけなので、大きな怪我はしていなかったが、歯はやはり欠けていて、近くの敷戸駅の歯医者に駆け込んだ。
すると、欠けていた歯をもっていたおかげで、すぐに処置をしてくれた。
痛みは顔と口にはあったが、ほんとに顔にはあまりなく、不幸中の幸いだった。
自転車にのるときは、本当に気をつけなければいけないと思った。
友達もこの間、自転車で転んだらしく、怪我をしたらしい。
都会にきてから、自転車で走るのは気をつけなければいけないというのを痛感した。
人はどこからでてくるかわからない。
こないだろうではなく、くるかもしれないと意識しないといけないと思った。